CAP録音苦戦中|録音失敗を繰り返した理由と天罰




今月もあっという間に月末。

 

やばし。

1ヶ月に3課題まで提出できる、オーディオCAPの録音が全くできておりません。

 

ってことで、本日挑戦したんですが・・・惨敗(笑)

 

本日は、オーディオCAPの録音をしたい母の格闘劇の珍模様を思い出に書きます。

■録音できない・・・

今回のオーディオCAPの録音は、トークアロングカードの機械に録音してみようと挑戦しました。

img_1022.jpg

課題のカードを床に並べて、いざ勝負!!!

 

気が進まない様子の息子をよそに、音声を流しては、母が発音する・・・を数回繰り返しました。

 

数分後、鴨がエサに食いついてきました(笑)

 

「やる~」っと近づいてきて、マイクを持ち、まだまだ上手には言えていないけど、ニュアンスだけは一丁前(笑)な感じで発音することができました!

 

(おぉ、やった!!!)っと思い、録音したのを聞いてみると・・・録音できていない。

 

(なぜ?!いや、ドンマイ私!息子がのってるうちに、再チャレンジだ!)っと思い、再挑戦してみるも・・・またしても録音できていない。

 

 

「なぜ!?」私が説明書を引っ張り出してきて、録音方法を再確認しようとしていると、主人がボソッと一言。

 

「・・・線・・・」

 

(はい?・・・せん?)っと辺りを見回してみると

img_5287.jpg

そう、息子氏がマイクの線を抜いていたのでした。。。

 

「そりゃ録音できるわけないわ~!!!!!!」

 

悔しがる私を見て、息子は楽しくなってしまった様子。その後も何度線を繋いでも、すかさず抜く息子。

 

「もういいわ~。お母さんの負け・・・」っと、今日の録音は諦めました。。。

 

 

でも、その後の息子氏。調子に乗ったバチが当りました(笑)

 

壊れるからやめて!っと言ってもやめず、トークアロングカードの箱に乗るんです。

img_5288.jpg

でも、次の瞬間。

img_5289.jpg

箱のが倒れ、箱の角がケツに刺さり、悶絶してました。

 

(笑)

 

身を持って、箱に乗ってはダメっということを知った、息子でありました。

 

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
更新の励みになります!クリック応援して頂けると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です