子供が皿洗いをしたがる|興味を持ったときが大切




息子氏、3歳5ヶ月。最近は「お手伝いしたい願望」が強いように感じます。

彼のやりたいコールが激しいのは、炒め物時と皿洗い時。「火」と「水」を扱いたいようです。

 

ふだんからボスは『子どもが興味を持ったものを大切にしてあげて!子どもの興味の芽を潰してしまうのは大人だよ』っと言います。

 

正直、息子が手伝いたいと言ってくるのが、ストレスで仕方がない(笑)

 

だって~

だって~

■ボク、皿洗いがしたいんです!

息子氏は「待つ」っということが、まだなかなかできません。

やりたいと思ったら、思った時にできないと、ヘソを曲げ、泣き暴れます。(これは性格?それともお年頃?)

 

なので、やりたいと言ったら、その時がタイミングです。

台所が散らかっていようと、時間がなかろうと、母の腹の虫が悪かろうと、関係ありません。

 

この日も、朝の時間と心に余裕がない時に、彼のお手伝い熱が目覚めました。

 

きっと、母の急いでいる姿に「ボクが手伝ってあげる」っという、彼の正義感が目覚めたのでしょう。

 

なんて優しい男だ。

 

息子の本心は不明ですが、母は勝手にそう解釈をし、反射的に「イラッ」とした心を落着かせています(笑)

 

スポンジの水が腕をつたい床がビショビショになろうが、今は我慢です。

でも、あまりに床の水浸しがひどいので、今後は床拭き、一緒にさせようかな。。。

いくら水で流しても、汚れが落ちず苦戦中の息子。そりゃそうだ~、ご飯粒はこびりついてるもーん。

お陰さまで水が長時間だしっぱなし。。。でも、今は我慢。

 

ん~でも、やっぱりもったいないから、我慢しきれず止めました(笑)

終わった~っと満足気な息子。

思いっきりご飯粒が付いていますが、ご愛嬌(笑)

■お手伝いの環境を整えよう

本当は全部の皿を洗いたいと言うのですが、それはさすがに日が暮れる・・・っと、自分の皿だけ洗ってもらっています。

 

ざっと5分以上は要します。

 

母の体感覚的には、20分くらいに感じていますが(笑)

 

・息子のこの意欲を大切にしたい。

・横から口出しをすると怒ってしまうので、口を出さずにできる仕組みをつくりたい。

・徐々に正しい皿洗いの仕方を教えていきたい。

・母がイライラしない仕組みをつくりたい。

 

まだ3歳。

もう3歳。

 

どこまで求めていいものか(笑)息子の様子を見ながら、少しずつステップアップしていきたいと思います。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
更新の励みになります!クリック応援して頂けると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です