他人の子育てから学ぶ|自分の子育ては見えないけど、他人の子育ては良く見える




息子が体調を崩し、小児科へ行ってきました。

息子は具合が悪いながらも穏やかにいてくれていたので、私も穏やかに待合室で呼ばれるのを待つことができ、おかげで…何だか他人様の子育てから色々と学ぶ事ができました。

 

ある本に、こんな言葉が書かれていました。

他人の事はよく見えるけど、自分の事ってよく見えない。

鏡を通してしか自分の姿が見えないように、自分の心も何らかの鏡を通してしか見えない。

正にこの言葉の通り。

他人様の子育てを見ていた時に、自分が映し出されているかのようなフラストレーションに駆られたのです。

■先回りする母

病院の待合室で待機していた時、1人のお母さんと、幼稚園児くらいの女の子がやってきました。

ちょうど受付を済ませ、熱を計ろうとしているところでした。

 

「体温計るから、動かないで!」

 

まだ計り始めてもいないのに、まだ座ったばかりなのに、まだ動いてもいないのに、強い口調で言うお母さん。気の弱い私には、完全にお母さんが怒っているように見えました。

また、女の子が他の子供が遊んでいる方に顔を向けただけで「動かないでって言ったでしょ!」っと、声を荒げるお母さん。

女の子は、黙って前だけを見ていました。

 

ぶっちゃけ、可愛そう…っと感じてしまった私であります。まだ何もやってないのに、どうして怒ってるの?軍隊じゃないんだから、横向くくらいいいじゃん。

 

もちろん同じの母の立場で考えたら、お母さんの気持ちはいくらでも理解できちゃいます。

・看病で疲れているのかも

・急な子供の風邪でスケジュールが乱れ、イライラしているのかも

・自分も風邪がうつり、体が辛いのかも

・具合の悪い子供の機嫌が悪く、大変だったのかも

もっともっと他にも、あのお母さんは大変だったのかもしれません。

■鏡の法則勃発

この光景を見ていて、気付いた事が2つありました。

・子供を支配しようとしている母

・負の感情そのままで子供に接する母

 

たぶん感じた理由は、自分も同じことをしてしまっているから。そう…イライラしている時の私を見ているようだったのです。

・ただただ感情的になっている私。

・この母の苛立ちを感じろ!っと、息子を言葉と態度で威圧している私。

・私の言う事を聞け!っと、支配しようとしている私。

・子供の気持ちを考えようとしない私。

 

自分のことって、本当よくわからないけど、こうして他人の育児というフィルター越しに見てみると、見えてくるものがありました。

そんな子育てをしていたら、子供は母の顔色を見て行動する子になってしまいます。物事の判断基準が、怒られるか怒られないかになってしまいます。怒られないように嘘をつくようになってしまいます。

自分がそうだったからよくわかる。

残念ながら知らず知らずに、自分も同じことしてたのか。

 

私は自分で言うのもなんですが、血液型はB型。動物占いはペガサスっという、本当に自由奔放、気分屋、気まぐれな人間です。

感情で動いてしまう傾向にあります。

 

なので、感情的になっている時の自分の子育て、要注意(笑)気付けて良かった!

img_2978.jpg

だいぶスローペースですが、2歳から英語育児を始めています。是非、遊びに来てください♪

⇒我が家のディズニーの英語システムの体験談

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
更新の励みになります!クリック応援して頂けると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です