いつでもお母さんに見ていて欲しかった




今朝の朝食後の息子氏。

朝から、朝食を早々に切り上げ、プッチョを食べる彼。

プッチョのどこが美味しいのか母にはよく理解できないが、息子はとにかくプッチョが大好き。朝からお菓子なんて・・・っと批判を浴びそうだけれども(笑)大切そうにチョビチョビ食べている姿が可愛い。

写真は、ミッキーに食べさせてあげている瞬間。

彼曰く、ミッキーもプッチョが大好きらしい。

 

彼の視線の先は・・・

もちろんDWEの教材、ストレートプレイDVD!

 

今こうしてブログを書いていて思うに、朝からお菓子を食べる息子を許している母の本当の理由は、ここにあるかもしれない。

大人しく、真剣に観ているから(笑)

母の歪んだ動機。・・・いつか悪影響として現れる気がするが・・・(^◇^;)

いつでもお母さんに見ていて欲しかった

4歳の息子氏。

気づけばいつも「ママ見て〜!」っと、母に言ってる。

 

ジャンプするにも

ブロック作るにも

靴履くにも

ご飯を食べるにも

テレビを見るにも

 

時にはそれが可愛いく、時にはそれに気づかず申し訳なく、時にはそれがうっとうしく・・・

その時の自分次第で、色々と見え方が変わってしまっていました。

 

そんな時、こんなコミックエッセイを知りました。

引用元http://sp.walkerplus.com/comic_essay/comics/006/story01/

反省する気持ちと、懐かしい気持ちと、温かい気持ちを感じました。

 

他にも、こんなコミックエッセイも。

引用元http://sp.walkerplus.com/comic_essay/comics/006/story01/

保育園の園庭で見つけたキラキラしている小石を「プレゼントだよ」っと言ってくれる息子。

散歩中に見つけたどんぐりを「お土産だよ」っと言ってくれる息子。

お片づけをして「片付けしたよ」っと誇らしげに言う息子。

 

私はいつも色々な事を考えて、ぶっちゃけ息子だけに集中している事ってほとんどない。でも息子は、違うんですよね。息子の矢印は、いつも私に向いているんだな・・・。

そんな大切な事を思い出させてくれた作品でした。

他にも心が癒される素敵な作品が色々ありました。

子育てに煮詰まった方には、きっと何かの鍵が見つかるかも^ – ^

⇒コミックエッセイ

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
更新の励みになります!クリック応援して頂けると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です