mamariプレミアム

子どもへのお金の教育のための親の心得




「おこづかい」が子どもの人生を変える!っという講座に参加し、息子へのお金の教育を改めることにした我が家。

やるからには親の覚悟と真剣さと継続力が必要です( ̄ー ̄)

しっかりと事前準備をしてから始めま〜す!

お金の教育のための親の心得

我が家のお金の教育の目的は、お金に対しての良い習慣を身につけること。おこづかいの管理を通して、人生に通じる良い習慣を身につけることです。

そのために1番必要になってくるのが『やる通す親の強い意志』です。

・・・これはディズニーの英語教育でも同じことが言えませすね(^◇^;)

親が途中で忘れたり、中途半端になると、子どもは敏感に感じとるものなんですよね。。。

子どもへのお金の教育、具体的には何をするの?

今回学んで私が取り入れようと思っている具体的なことはこの6つです^ – ^

  1. おこづかいを「おこづかい袋」で管理していく
  2. 1ヶ月のお金の管理を子ども自身にさせる
  3. 「おこづ会議」を開く
  4. 管理できていたらおこづかいを増やす
  5. 失敗してもペナルティななし
  6. 貯金もさせる

まだ我が家は4歳なので適宜サポートが必要ですが、それでもできる限り自分でできるよう、自分で考えながらできるようサポートしていきたいと思っています^ – ^

親が守る5つのルール

何事においてもそうですが、この取り組みが成功するかの鍵は、子どもではなく、環境を作る親側にあるんですよね。

なので親にもルールがあるんです( ̄ー ̄)

  1. お金の使い方に助言するのは、おこづ会議のときだけ
  2. お小遣いを子どもに管理させる
  3. 叱るときは、不正直・不公正なことを言ったときだけ
  4. 借金・前借りは認めない

助言できないって、親にとっては結構ハードルの高いルールですよね(笑)

だって、お小遣いをあげたその日に使おうとした日には「ちょっと待って!本当に大丈夫?」って言わずにはいられない(^^;;

目的を忘れるな!口出しそうになったら思い出すこと

もし親がルールを破りそうになってしまったら、目的を思い出すようにすることが大切ですね^ – ^

お金の教育の目的は、お金に対しての良い習慣を身につけること。おこづかいの管理を通して、人生に通じる良い習慣を身につけること

そのためには、子ども自身が

  1. トラブルを経験させること
  2. 後悔を経験すること
  3. 失敗を経験すること

が大切なんだそうです。

その経験を奪ってしまうのが親( ̄◇ ̄;)気をつけないとですね。。。

まとめ

ルールや心得をシッカリ理解したので、早速11月からスタートできるように物品準備にかかりたいと思います^ – ^

まだまだお付き合いください^ – ^

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

8歳からのお給料袋 [ 野中ともよ ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2017/10/16時点)

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
更新の励みになります!クリック応援して頂けると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

mamariプレミアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です