シングアロングの内容|シングアロングの具体的な教材の使い方




DWE【ディズニーの英語システム】を楽しく、徹底的に使いこなす為の術を色々調べました!せっかく購入したのだから、120%活用しなくちゃ損ですもんね。

 

今回は、前回に引き続きシングアロングの教材の具体的な使い方です。

前回の記事→シングアロングの内容|シングアロングの教材の全体像をつかもう

■歌のCDの使い方

IMG_0205[1]

シングアロングの魅力は、何と言っても歌を覚える事で、話すのに必要な英語の音やフレーズを自然と身に付けられる所です!

 

■CDを掛け流す事で、英語の音に慣れ、英語を沢山インプットする事ができます。

■音楽に合わせる事で、英語独特のリズムやイントネーションを自然に吸収する事ができます。

■DVDの見せ過ぎに抵抗がある方も多いので、DVDで映像を見せた後はこちらのCDに切り替えるもの良いでしょう。

■1枚のCDを掛け流すのも良いですし、その日の目当ての曲を選んで同じ曲だけをリピートし、集中して耳を慣らすのも良いでしょう。

■このCDは、シングアロングの教材である本と朗読CDとDVDに連動しています。また、歌によって他の教材(DWEブック、トークアロングカード、ストレートプレイDVD、Story and Songs、Step by Step等)と連動しています。どの曲にどんな風に連動しているかは、ガイドブックに全て書かれています!

■朗読のCDの使い方

IMG_0206[1]

シングアロングの歌詞をより自然な会話に繋げやすくする為、歌の歌詞が朗読として収録されているCDです。どの歌の朗読なのかがスグにわかるよう、静かにメロディーも流れています。

 

■歌の歌詞を真似して会話のように話す練習になります。

■シングアロングの本と連動させ、絵や文章を読む練習として聞いても良いでしょう。

■寝る時間のBGMとしての掛け流しとしても良いです。普段から絵本を使って読み聞かせしていると、寝る時に例え絵本がなくてもイメージが湧きますもんね。

■ある程度英語を理解し大きくなって自分で本を読むようになった時は、親が上手に発音できていなくても、この朗読CDが大活躍してくれます!

■この朗読CDも、シングアロングの教材である本とCDとDVDに連動しています。また、他の教材(DWEブック、トークアロングカード、ストレートプレイDVD、Story and Songs、Step by Step等)とも連動しています。どの曲にどんな風に連動しているかは、ガイドブックに全て書かれています!

■歌のDVDの使い方

IMG_0207[1]

シングアロングのDVDは、1巻毎の内容が3部構成になっています。

・第1部は、主要な英単語の説明と歌

・第2部は、歌の字幕と歌

・第3部は、歌の字幕のみのカラオケバージョン

 

■映像と音の繋がりを理解できるようになります。

■字幕は歌の流れに沿って文字の色が変わる為、文字の勉強にもなります。

■目と耳から同時に情報をインプットできるのでとても効果的ですが、ずっと観ているのはお子様の目にも負担がかかってくるので、他の教材と上手に組み合わせていく事が大切です。

■このDVDも、シングアロングの教材である本とCDと朗読CDに連動しています。また、他の教材(DWEブック、トークアロングカード、ストレートプレイDVD、Story and Songs、Step by Step等)とも連動しています。どの曲にどんな風に連動しているかは、ガイドブックに全て書かれています!

■歌の本の使い方

IMG_0208[1]

歌の内容を文字と絵で確認する為の教材です。

 

■英語の文字とCDの発話の音を関連づけて理解する事ができます。

■絵本を読むだけで、重要な構文やフレーズを理解する事ができます。

■朗読CDとイコールになってるので、発音に自身がない親御さんでも朗読CDを掛け流し、指で文字をなぞりながらお子さんと一緒に読む事で英語の文章を読む練習になります。(親御さんの発音が良くなくても、その何倍も多く正しい発音のCD等を聞いていれば、悪影響はないそうです♪なので、どんどん読んであげましょう~)

■この絵本も、シングアロングの教材であるDVDとCDと朗読CDに連動しています。また、他の教材(DWEブック、トークアロングカード、ストレートプレイDVD、Story and Songs、Step by Step等)とも連動しています。どの曲にどんな風に連動しているかは、ガイドブックに全て書かれています!

 

この他のシングアロングの教材である、ソングガイドやカード、ポスター等の具体的な使い方は、明日また更新しま~す。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
更新の励みになります!クリック応援して頂けると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です