子育て中の人に読んで欲しい本!自分の命の重みを感じる本




更新が滞ってしまった〜!!!

英語ネタ、全然出て来な〜い!!!

 

貴重なお時間の中、このブログにたどり着いてくださったアナタ様!本当にありがとうございます。

実は今回も、英語ネタではありません。

 

が!が!が!是非、オススメしたい本があり、興奮して書いております。

読書好きな人、いるかな?

この本、おすすめです!もうね、皆んなに読んで欲しい!お母さんに読んで欲しい!お父さんに読んで欲しい!

子供がいる全ての人に読んで欲しい!

これから子供を産む全ての人に読んで欲しい!

読み終わったばっかりで、興奮してます(笑)

もう、胸が熱くて。もう、なるほどなるほど、納得で!

少しでもネタバレしたくない方は、この先はよまないでください!(笑)ネタバレではありませんが、私がこの本から学んだことをアウトプットさせてください。

だって、だって、私が生まれたのは、お父さんとお母さんのおかげ。そのお父さんとお母さんが生まれ他のは、4人のおじいちゃんとおばあちゃんのおかげ。

これ、凄くないですか?

鎌倉時代の人口は1000万人もいなかったと言われているので・・・時代を遡ったらほとんど親戚や家族ですよね?

自分の命は、自分だけのものじゃない。たくさんの祖先の人たちが繋いでくれた命。そして、私も未来へ繋いでいく使命があるんですよね。

使命

良書との出会いが人生を変えると言われています。どなたかの、何かのきっかけになれば、幸いです。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
更新の励みになります!クリック応援して頂けると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です