【オススメ絵本】おかあさんだいすきだよ|日本中のお母さんに読んでもらいたいので感想を書きました




先程、涙を流していた私です。

先程、絵本を読んで、涙を流していた私です。

 

幼稚園の先生をしている友達が薦めてくれた、1冊の絵本。図書館へ行った際に思い出し、何気なく借りてみました。

 

うぅぅぅぅ…>_<…

 

日本中のお母さんに読んでもらいたいな・・・

日本中の子育てをしている方に読んでもらいたいな・・・

■おかあさん だいすきだよ

この絵本はきっと、一見子供向けに書かれた絵本だけど、本当はお母さんへ向けたメッセージなのだと思います。

ボクね、おかあさん だいすき。

おかあさんは「はやく おきなさい!また寝坊でしょ!」って言うけれど・・・

 

やさしく「おはよう」って言いながら

ギュッって抱っこしてくれたら

ボクね

もっと おかあさんのこと だいすきだよ。

 

子どもは、お母さんが大好きです。

例え、怒ってばかりのお母さんだとしても。

 

お母さんは、子どもを怒ります。

子どものため・・・躾のため・・・っと叱っていたつもりが、感情的に怒ってしまったり、勘違いで怒ってしまったりする時もあります。

 

でも。

それでも子どもは、お母さんが大好きです。

 

お母さんに怒られ、泣きながら子どもが寝ることもあるでしょう。

 

そして、お母さんは思うのです。

天使のような、子どもの寝顔を見て、思うのです。

 

(ごめんね・・・)

 

 

そんなお母さんを、子どもはいつも、許してくれます。

何度でも何度でも、許してくれます。

 

そして笑顔で

「お母さん、だいすきだよ」

って、言ってくれるのです。

 

お母さんはいつも、一生懸命、子育てを頑張っている。

でもその一生懸命が、時に本当に大切なことを見えなくなくしてしまう時があります。

 

是非、この本を読んで、子どもをギュッと抱きしめてあげてください。

 

とびっきりの笑顔で

「お母さん、アナタが大好きだよ」

って。

 

お母さんは、完璧なんかじゃなくていい。

お母さんは、子どもにお母さんにしてもらったんだから。

子どもと共に育ていけば、いいんですよね。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました!
更新の励みになります!クリック応援して頂けると嬉しいです!
ブログランキング・にほんブログ村へ 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です